幼児から英語に触れさせよう【垣根を取り払うことが必要】

能力が高い時期を大切に

キッズ

楽しく学ぶ

英語を学び始めるのにちょうどいい時期は、幼児期と言われています。これは周りの人の言葉を聞き取り、それを真似て話をする幼児の能力が高いためです。毎日の生活の中で、幼児は自然と耳にした言葉を発しながらたくさんの日本語を覚えていきます。初めは意味も分からずに聞き取った音をものまねのように繰り返し口にし、そのうち意味を考えながら言葉を使うようになります。やがて幼稚園に入園する頃には、自然と文法も覚えて周りの人と会話ができるようになっています。このようなたった数年で言葉を習得するスピードを考えれば、能力の高い幼児は英語を身につけるのに適していると言えます。勉強をするという気構えをせずに耳にした英語を蓄積し、やがて発音をするようになるという自然な流れを作っていけるのは幼児期だからです。また流暢な発音を身につけるのにも、聞き取り能力の高い幼児期は適しています。そのため美しい英語を話す先生と会話することや、内容が頭に入りやすい教材を使って学習することはとても大切です。英会話教室では、先生とコミュニケーションを取りながら歌や遊びを通して英語を身につけていきます。また家庭で学べる英語の教材では幼児の興味を引くような楽しいお話を展開していたり、きちんと耳に残るようなゆっくりしたテンポでの会話が入っています。これらを通して惹きつけられる楽しい時間を過ごしながら英語を繰り返し見聞きすることで、無理なく美しい英語を話す能力が身につきます。

Copyright© 2018 幼児から英語に触れさせよう【垣根を取り払うことが必要】 All Rights Reserved.