幼児から英語に触れさせよう【垣根を取り払うことが必要】

福岡での幼児教育

子供

幼児教育は準備が大事

「保活」という言葉が一般的になってきている程、小さなお子さんがいる家庭は仕事と育児の両立に悩まれている方が多く存在します。保育園に入るには地域によって様々な制約があり、地域によっては簡単に保育園に入れないこともあります。福岡市も保育園の申請には勤務時間の制約など様々なことがあり、出産のために一旦退職して、働く先がない状態であれば簡単には申請が通りません。また、福岡市の方針で公立の幼稚園は廃止となってしまったため、保育園に行っていない家庭は私立の幼稚園を探して入れることになります。保育園は厚生労働省の管轄ですが、幼稚園は文部科学省の管轄で「幼児教育」の場となります。どんな幼児教育をするかによって、小学校以降のお子さんの発達に大きな影響を及ぼす研究データも出ている程、就学前の数年間は重要です。福岡市には私立の幼稚園は数多くありますが、人数規模や人気度合い、教育内容など園によって様々な特色があります。福岡市が運営している訳ではないので、教育内容が均一ではないためです。例えば、バスによる送迎の有無があります。規模が小さい園であれば送迎バスがないところもあり、規模が大きな園であればかなり遠方までバスが出ています。他にも、学業に力を入れている園では英語や習字など習い事のようなことまで面倒を見てくれる園もあります。しかし、そういった園は人気が高いため簡単には入ることができません。そこで、年少の学年よりも前に実施されているプレ幼稚園に参加することで早期に通園する人が増えています。少しでも幼児教育に力を入れたい場合は、早いうちから情報を集めて行動していくことが必要になります。

Copyright© 2018 幼児から英語に触れさせよう【垣根を取り払うことが必要】 All Rights Reserved.