幼児から英語に触れさせよう【垣根を取り払うことが必要】

子供は耳が良い

英語学習

頭が柔らかいうちに

英語を習得するためには、幼児の頃から触れさせる機会が必要である。なぜなら幼児は耳が良く、聞いたままの単語を発音できるからである。英語が不得手な大人は英語を聞くとまず頭で単語のスペルを思い浮かべて、それを発音しようとするものだが、幼児はそもそも英単語を知らないので、聞いたまま同じように発音しようとするのである。英語を頭で考える前に触れさせる機会を持たせることが大事なのである。 この時代、幼児が英語に触れる機会は沢山ある。英会話教室ではまだ乳児の頃から通える親子レッスンがあったり、幼稚園でも週に数回英語レッスンをしたりするところは数多くある。もっと本格的なものになるとインターナショナルスクールである。地方都市においても普通の保育園が突然インターナショナルスクールに変わっていたり、国際科のある私立小学校が人気だったりして、幼いうちからの英語教育の必要性や注目度の高まりを感じずにはいられない。 幼児の英語教育とは机に向かって書いたり読んだりするのではなく、歌ったり踊ったり、ゲームなどの中で遊びながら身につけいてくのである。我が子たちも幼稚園時代からネイティブの教師のレッスンを受けているが、それはそれは楽しそうに遊ぶように吸収していたものである。子供ながらとても発音が良く、親としては大変驚いたものである。 また週に数回のレッスンでなくても、家庭においてもそのような機会は多くある。テレビでは子供向けの英会話番組をしているので観せるだけ、または親子一緒になって発音して見るもよし。英語のCDをかけっぱなしにするも良し。幼児のうちに日常のほんの少しの時間をそのように過ごすだけで、英語への垣根を取り払うことが必要である。

子供

福岡での幼児教育

福岡市の幼稚園は公立がなく、私立の幼稚園に通うことになるため、園によって特色が様々です。送迎バスの有無、勉強に力を入れている園など様々なので、家庭の方針に合った園を選ぶ必要があります。しかし、人気のある園は簡単に入れないため、早期に情報を集めて行動する必要があります。

鉛筆

遊びながら覚える

近年幼稚園で英語教育を行うところは沢山ある。幼稚園の年頃の子供は耳が良いので、聞いたままの英語を発音出来る。また幼い頃から触れておく事で英語への壁を取り払うのである。 幼稚園におけるレッスンは歌ったり踊ったりゲームを通して、遊びながら楽しく行われている。

男の子

小学校受験

吉祥寺で幼児教室を探す場合は、いくつか候補をあげて体験レッスンに参加して子供の反応をみてから選ぶと良いです。受験用の幼児教室の場合は、希望の学校の合格実績で選ぶとより希望の学校に近づくことが出来ます。

アルファベット

子供向け英語学習

小学生向けの英語教材には様々なタイプがあり、英会話スクールの補助的な役割を担うものや自宅学習に特化したものなどが見られます。これらの教材費は質の高い高額な教材からリーズナブルなものもあるので、保護者は目的に応じて選ぶことが重要です。

キッズ

能力が高い時期を大切に

幼児期は言葉を覚える能力が高い時期なので、英語を学ぶのに適しています。言葉を習得するスピードの早さを考えれば、英語の習得も早いと言えます。また聞き取り能力が高い幼児期は、流暢な発音を身につけられる時期で、英会話教室や教材を用いて楽しく学べます。

Copyright© 2018 幼児から英語に触れさせよう【垣根を取り払うことが必要】 All Rights Reserved.